性病と聞くと何を思い浮かべるでしょうか?クラミジアや梅毒などはパッと思い浮かべることのできる性病かもしれません。しかし、実際性病と言われている病気は多数あり、かつ性交渉以外でも発症する病気がほとんどです。性病の種類を知って、いざという時に備えましょう。

女性がなりやすいカンジダ

白い錠剤と瓶

カンジダは女性に多く見られる性病の1つで、代表的な症状が膣炎です。
一方、男性や、稀に幼児や抵抗力・免疫力の低い老人に発症する場合もあります。

カンジダに関しては多く人が性病の認識を持ちますが、常在菌であるカンジダ菌を原因にして発症します。
人間なら誰でも存在する菌があり、それが常在菌です。
例えば善玉菌や悪玉菌と呼ばれるものもその1つでカンジダ菌は悪玉菌として体内に生息し、種類としてはカビの一種である真菌になります。
通常、体内は酸性に守られているために影響は無く有害ではありませんが、様々な原因が重なることで増殖することがあり、結果としてカンジダ膣炎を引き起こし痒みなどの不快感を覚えることになります。

カンジダ膣炎の特徴の1つに発症しやすいということがあります。
原因には個人差はあるものの一番多いものに体調不良やストレスによる免疫力の低下が指摘されており、特に妊娠中や子育て中の女性では発症しやすいです。
ストレスなどが発症につながる大きな理由としてはホルモンバランスの乱れがあります。
ホルモンバランスが乱れることで抵抗力が低下するとともに膣内の自浄作用が弱まり、常在菌であるカンジダ菌が繁殖します。

カンジダ膣炎はおりものの変化が最も確認しやすい症状になります。
感染した場合は正常時に比べておりものの状態が全然異なり、まず、色に変化が見られます。
正常であれば無色透明から薄く濁った白色ですが、カンジダ膣炎になった場合は、濃く濁った白い状態になります。
臭いは本来無臭ですが、悪化をしているようであれば鼻を突く臭いがあります。
また、出てくるおりものは初期段階であればヨーグルト状で少し粘り気があり、炎症が悪化することで白く固まったようなおりものが出ます。

カンジダ膣炎は膣内から外陰部に感染することで痒みや腫れ・火照りを発症します。
特に痒みに関しては最初は少しだけ感じていたものが徐々に強くなるために、最初の段階で適切な対処をすることが大切です。
厄介なのは症状が現れないケースがあり、ここではおりものの量が判断のポイントになります。
いつもより量が多い・1日に数回おりものシートを交換するなど、普段と異なる量の場合には、早めに医療機関で診察を受ける必要があります。

カンジダの治療方法

カンジダ膣炎は抵抗力や膣内の自浄作用が弱まり、カンジダ菌が体内で繁殖することで発症します。
原因の約9割はホルモンバランスの乱れがあり、予防には寝不足やストレス・栄養不足などを避けることが最も大切になります。
また、清潔を保つことも予防につながり、菌自体が暖かく湿った環境を好むために、締め付け感のある下着などは着用を避ける必要があります。

カンジダ膣炎の治療は、基本的には婦人科・産婦人科での診察を経て処方される医薬品で行うことになります。
一方、再発しやすい病気であるため、過去にカンジダ膣炎になった経験のある人の場合は最初から市販品を購入して対処する場合もあります。
市販品は再発を条件に販売されているので再発であれば購入が可能ですが、気になる症状がある場合などではできるだけ医師の診断を受けることが望ましい対処法になります。

治療では膣洗浄や膣錠の投与や、クリーム状の薬を外陰部に塗るなどの方法が行われ、最近では抗真菌薬の内服による治療も可能になっています。
代表的な医薬品としてはエンペシドやケトコナゾールなどがあり、その多くが市販品で購入することができます。

エンぺシドにはクリームと錠剤の2つがあり、主成分にはカンジダ菌に優れた抗真菌作用を有するクロトリマゾールが配合されています。
どちらのタイプも商品名としてエンペシドが使用されており、一般名としてはクロトリマゾールとして呼称されます。
まず、クリームタイプは1日に2~3回塗ることで効果があり、注意点としては膣内には使用しないことがあります。
錠剤は1錠を、できれば就寝前に膣内に挿入することで効果を得ることができ、どちらも6日間は続けて使用するなど用法・用量を守ることが大切です。

ケトコナゾールはイミダゾール系の外用薬です。
クロトリマゾールと同様に一般名で使用されており、医薬品には別に商品名が付けられています。
エンペシドと同様に錠剤とクリームタイプが販売されており、誰もが購入をすることができます。

関連記事
  • 心配する男性
    梅毒はペニシリンで治療できる時代 性病は古くから人々にとって脅威でした。 わが国でも遊郭などの花柳界で流行していたことから花柳病と呼ば... 2018年06月10日
  • ペンを持つ人
    男性は要注意!淋病! いま日本では性病が流行っています。 その代表格が淋病です。淋病は淋菌が尿道や膣に感染することが原因で... 2018年06月08日
  • 考える男の人
    日本で最も感染者の多いクラミジア クラミジアは、日本で最も感染者が多い性感染症であり、特に性病に対する警戒心の薄い若い世代に感染者が多... 2018年06月06日